掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

水上民平展 蝶と花の心響

《山村の朝》 1954年 油彩・キャンバス(65.2×80.3cm)

長野市出身で国画会を中心に活躍した画家・水上民平の油彩画約30点を展示。花や蝶をモチーフに、深い精神性が刻まれた心象風景の数々…。併せて水上が影響を受けたといわれる、長野市ゆかりの画家・河野通勢の作品や、交流のあった横井弘三の作品も展示。
  • 1月23日(土) 〜5月16日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) ※最終日は15:00まで、
    月曜休(祝日は開館)、祝日の翌日休
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券) 
    土曜は小中学生無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

魲 万里絵(すずき まりえ)展 「わたし」たらしめる、わたしの色。

魲万里絵≪口先軽やかな盗人≫2016年
紙・水性ペン 460 x 534 個人蔵

ボーダレスなアートシーンで世界的に活躍するアーティスト・魲 万里絵(すずきまりえ)による、ふるさと長野市での初個展。眼、口、豊満な肉体や、開閉するハサミ、色鮮やかに輝く点描の色彩と繊細な文様…。強烈な印象を与える作品、74 点を展示。
  • 〜2021年1月31日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) ※最終日は15:00まで、
    月曜休(祝日は開館、翌休) 、12/28 〜1/4休
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券) 
    土曜は小中学生無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

ロクガワトモヒロのカレーな世界展

長野市在住、新進気鋭の作家が、またも不思議な世界へ誘いをかける。“カレー”をテーマにした、アート作品展。漂着した無人島は、カレーで出来た「カレー島」⁉ 食いしん坊な貴婦人は、モナリザならぬ「カレリザ」。ごちそうさま!と微笑む彼女の頬にはご飯つぶ。楽しいイラストやコミカルな立体作品が並ぶ。カレーのアート世界に迷い込み、ふと気づけば、目の前にリアルで美味なる“くらっちぇ”カレー…。
  • 12月20日(日)〜1月31日(日)
    11:00〜14:00・18:00〜20:00、火・水曜休 
    ※会場店舗の営業時間・定休日と同じ。臨時休業・年末年始についてはwebで確認を。※最終日は昼まで
  • スパイスカリー くらっちぇ(長野市鶴賀権堂町2309)
  • 入場無料(物販および、会場店舗での飲食は実費)
  • https://note.com/rokusousaku/n/ne6af9ac78aaa

水野コレクション「彩りの樹木たち 春草・玉堂たちと巡る四季のすがた」

中島千波《老樹三面藪椿》2005年

近現代の日本画家が手掛けた樹木の表現に焦点を当てた企画展。菱田春草が表した先枯れの梧桐(あおぎり)や、川合玉堂が写した山間の桜など、70点余りを展示する。1月2日(土)〜3日(日)「新春福引き大会」 ホクトの工場直送きのこやレトルト食品、ミュージアムグッズが当たる(要当日有効の入館券)。
  • 2021年1月2日(土)〜3月21日(日)
    9:30〜17:00(最終入館30分前)
    月曜休(祝日の場合は開館、翌日振休)、1/11開館、1/12振替休
  • 水野美術館
  • 一般1000円 中高生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://www.mizuno-museum.jp/
  • 魲 万里絵(すずき まりえ)展 「わたし」たらしめる、わたしの色。」
  • 〜1月31日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • ボーダーレスなアートシーンで世界的に活躍する作家・魲万里絵(すずきまりえ)による、長野市で初となる個展。水性マーカーなどで丹念に描かれた作品計74点を展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 郷土ゆかりの作家展 〜『月の都 千曲』 作家が描いた美しき情景 第一章〜
  • 〜1月31日(日) 9:00〜17:00(入館は〜16:30まで)、最終日のみ15:00終了月曜休(祝日は開館)、祝日の翌日
  • 千曲市アートまちかど(千曲市屋代2176-2)
  • 一般300円、高校生150円、中学生以下無料
  • 令和2年度文化庁日本遺産に認定された「月の都 千曲」をテーマに、郷土ゆかりの作家が描いた美しい情景をシリーズで展観。「姨捨山」「棚田」「月」を画題とした神秘的な絵画がならぶ。1/30(土)13:00〜15:00ワークショップ「切絵師由香利 個性を広げる切絵体験」あり(有料、完全予約制)。
  • 千曲市アートまちかど
  • 026-272-4152
  • 北野美術館名品展2020「雪見の宴」
  • 〜2月28日(日) 9:30〜16:30(最終入館15:30まで)、月曜休館
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 雪景色、冬の故事を題材としたもの、新年に関連する様々な事柄を描いた日本画や工芸作品ほか、洋画や彫刻など総数約90点を紹介。
    ■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を
  • 北野美術館本館
  • 026-282-3450
  • 水野コレクション「彩りの樹木たち 春草・玉堂たちと巡る四季のすがた」
  • 〜3月21日(日) 9:30〜17:00(最終入館30分前)、月曜休(祝日の場合は開館、翌日振休)
  • 水野美術館
  • 一般1000円 中高生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 近現代の日本画家が手掛けた樹木の表現に焦点を当てた企画展。菱田春草が表した先枯れの梧桐(あおぎり)や、川合玉堂が写した山間の桜など、70点余りを展示する。
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • 東山魁夷館コレクション展
  • 第5期/〜2月2日 (火)、第6期/2月4日(木)〜4月13日(火) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休
  • 東山魁夷館(長野市箱清水)
  • 大人500円 大学生300円 高校生以下無料
  • 第5期は、《白馬の森》《静唱》など所蔵の「東山ブルー」を代表する本制作をはじめ、《行く秋》《木枯らし舞う》《夕紅》など晩年の心象風景を描いた秀作を展観。第6期は絶作《夕星》をはじめ、《静晨》《霧氷の譜》《紅翳》、京都の四季を描いた連作「京洛四季」ほか、「北欧旅行」のスケッチ、習作も。
  • 長野県信濃美術館 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • 第18回 「上野の森の小さな芸術家たち展」
  • 1月28日(木)〜2月2日(火) 10:00〜16:30 1/28(木)・29(金)は18:00まで(最終日は13:00まで)
  • ギャラリープラザ長野(長野市新田町1513-2 82プラザ長野内)
  • 入場無料
  • 長野県若槻養護学校の児童生徒による、絵画や造形作品、約100点を展示。
  • ギャラリープラザ長野(八十二文化財団)
  • 026-224-0511

イベントトップへ戻る