掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

善光寺表参道イルミネーション まちなかの装飾

長野駅〜善光寺の約1.8kmの善光寺表参道を、約41万球のLED電球で装飾。冬の長野の街があたたかい光で彩られる。11月23日(火・祝)16:45より、TOiGO広場にて点灯式を実施。当日は「ワールドフェスタ in 長野 2021」も同時開催。
  • イルミネーション点灯期間/11月23日(火・祝)〜2022年2月13日(日)
    17:00〜22:00
    ※点灯式/11月23日(火・祝)16:45よりTOiGO広場にて
    【同時開催】ワールドフェスタ in 長野 2021
  • 善光寺表参道イルミネーション実行委員会事務局(長野市観光振興課インバウンド・国際室)
  • 026-224-8316
  • https://www.nagano-cvb.or.jp/designweek/

没後80年 郷愁の画家 丸山晩霞―師友とその時代

杏花の里(丸山晩霞記念館蔵)

明治から昭和戦前期に活躍した水彩画家・丸山晩霞の代表作を一堂に展示。現在の東御市祢津に生まれた晩霞は、郷里を拠点に信州の田園風景を描き、明治美術に新風をもたらした。同時代の日本人水彩画家らの作品なども併せて紹介。
  • 1月15日(土)〜2月27日(日)
    9:00〜16:00(入館15:30まで)、月曜休、2/24休
  • 長野県立歴史館  企画展示室(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園内)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円 
    企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 長野県立歴史館 総合情報課
  • 026-274-3991
  • https://www.npmh.net/

春風工房+たじまや「遊びをせんとや」 in よろづや

「春風工房」は女性2人、春途(はると)・風見トモヒロのユニット。ともに画家でハンドメイド作家。「たじまや」はイラストと工芸で“和”を遊び倒すアーティスト。全く違った作風の2組の女性たちがコラボレーション。化学反応の結果、吹くのは江戸の風か、異次元の風か。会期中の在廊日など、詳細はInstagramで。
  • 1月23日(日)〜29日(土)
    11:00〜16:00 ※月曜定休
  • 和かふぇ よろづや(千曲市桜堂521-1)
    駐車場は「屋代駅前ふれあい通り商店街駐車場」(1時間/100円)
  • 観覧無料(作品購入および、店内の飲食は実費)
  • 春風工房
  • https://www.instagram.com/harukaze_kobo12

長野県立美術館名品選 第III期

荻原碌山≪女≫1910(明治43)年

信州出身の作家や信州の風景が描かれた作品を中心に形成された、長野県立美術館のコレクション。第III期は、菱田春草と横山大観、西郷孤月の合作など日本美術院の精鋭による絵画が並ぶ。また、荻原碌山、村山槐多ら、夭折の芸術家の強烈な個性が発揮された作品も紹介。
  • 1月13日(木)〜 3月15日(火)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、
    水曜休館(ただし2/2・23は開館、2/24(木)は休館)
  • 長野県立美術館 コレクション展示室
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(東山魁夷館も入場可能)
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/exhibition/namcollection3

水野コレクション「人を描く―橋本雅邦から高山辰雄まで」

橋本雅邦が描いた中国の詩人や禅僧、上村松園や鏑木清方の美人画、昭和期に活躍した高山辰雄の神秘的な人物画などを紹介。多くの日本画家が手掛けた人物画を通して、人を描くことの魅力や面白さを発見できる企画展。
  • 1月2日(日) 〜 3月21日(月・祝)9:30〜17:00(最終入館16:30) 月曜休(3/21は開館)
  • 水野美術館
  • 一般1000円 中高校生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://www.mizuno-museum.jp/

冬の企画展 「地域の宝を救え!今も続くレスキュー活動
〜陸前高田、そして、長野〜」

保全作業の様子

長野市立博物館ではボランティアを中心に、令和元年度東日本台風により大きな被害を受けた長野市の文化財の保全活動を行ってきた。文化財の保全活動と、この活動によりわかった地域の歴史を紹介。あわせて東日本大震災で被災した陸前高田での保全活動も紹介する。
  • 1月15日(土)〜3月13日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休、2/24(木)休
  • 長野市立博物館
  • 入館料 一般300円 高校生150円 小中学生100円 土曜は小中学生無料
  • 長野市立博物館
  • 026-284-9011
  • https://www.city.nagano.nagano.jp/museum/
  • 善光寺表参道イルミネーション まちなかの装飾
  • イルミネーション点灯期間/11月23日(火・祝)〜2022年2月13日(日)
    17:00〜22:00
  • 長野駅〜善光寺の約1.8kmの善光寺表参道を、約41万球のLED電球で装飾。冬の長野の街があたたかい光で彩られる。
  • 善光寺表参道イルミネーション実行委員会事務局(長野市観光振興課インバウンド・国際室)
  • 026-224-8316
  • 【新型コロナ警戒レベル5以上のため休館】特別展「市立長野高校 美術部の軌跡 II」
  • 【新型コロナ警戒レベル5以上のため休館】〜2022年1月16日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、祝日の翌日休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 市立長野高校美術部による展覧会。全国高等学校総合文化祭や現代パステル協会展など、活躍の場を全国へ広げた生徒たちの作品を紹介。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 2021北野美術館コレクション展3「故事・歴史を旅する 異邦を旅する」
  • 〜1月30日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休(1/10は開館、1/11は振替休)
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 日本や中国の故事・歴史を題材とした作品や、画家たちが海外へと赴き、取材して描いた作品をセレクト。
    ■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • 郷土ゆかりの作家展『月の都 千曲』 第三章 〜今に生きる月見の地 古から未来へとつなぐ美しきふるさと〜
  • 10月30日(土)〜2022年1月30日(日) 9:00〜17:00(入館は〜16:30まで)月曜休(祝日は開館)、祝日の翌日
  • 千曲市アートまちかど(千曲市屋代2176-2)
  • 一般300円、高校生150円、中学生以下無料
  • 第一章「月の情景作品」、第二章「月に関わる信仰」、そして第三章は「今に生きる月見の地」をテーマに、月の駅 姨捨や戸倉上山田温泉の情景作品を中心に展観する。
  • 千曲市アートまちかど
  • 026-272-4152
  • 東山魁夷館 コレクション展 第V期
  • 〜2月8日(火)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休
  • 長野県立美術館(長野市城山公園内)
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(本館コレクション展も入場可能)
  • 東山ブルーを代表する《静唱》や絶作《夕星》をはじめ、《行く秋》や《木枯らし舞う》など、東山晩年の心象風景を描いた秀作を中心に展示。
  • 長野県立美術館(東山魁夷館)
  • 026-232-0052
  • 水野コレクション「人を描く―橋本雅邦から高山辰雄まで」
  • 〜3月21日(月・祝) 9:30〜17:00(最終入館16:30) 月曜休(1/10・3/21は開館、1/11は振替休)
  • 水野美術館
  • 一般1000円 中高校生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 中国の詩人や禅僧を描いた橋本雅邦、美人画の名手・上村松園や鏑木清方、高山辰雄の人物像などを紹介。
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • 高倉健さん 生誕90年記念展
  • 〜2月6日(日) 9:00〜17:00(入館は16:30まで) 月曜休館(祝日の場合は翌日)
  • 坂城町 鉄の展示館(坂城町坂城6313-2)駐車場あり 
  • 一般400円 中学生以下無料
  • 坂城町ともなじみが深い俳優・高倉健。生涯を通じての趣味が刀剣収集だった。坂城町の刀匠と親交があり、当地をよく訪れたという。高倉氏の没後、コレクションは「鉄の展示館」に寄贈された。現在開催中の企画展では、同館所蔵品とともに、氏が愛した刀剣の一部を公開。また、“健さん”ゆかりの品々も展示。館内には、往年のロケでの思い出を語る声が流れ、昭和・平成を生きたスターの姿がしのばれる。
  • 坂城町 鉄の展示館
  • 0268-82-1128
  • 長野県立美術館名品選 第III期
  • 1月13日(木)〜3月15日(火) 9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休館(ただし2/2・23は開館、2/24(木)は休館)
  • 長野県立美術館 コレクション展示室
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(東山魁夷館も入場可能)
  • 菱田春草と横山大観、西郷孤月の合作など日本美術院の精鋭による絵画を展示。また、荻原碌山、村山槐多ら、夭折の芸術家の強烈な個性が発揮された作品も紹介。
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • 【休館】信州新町化石博物館「化石収集の楽しみ 西澤コレクション」
  • 【新型コロナ警戒レベル5以上のため休館】〜4月3日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券)
  • 信州新町化石博物館の中心となる資料群「西澤コレクション」から、世界各地の貴重な化石など約150点を展示。
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • 【中止】長野市立南部図書館 1月のおはなし会
  • 【警戒レベルが5以上の間は、中止】1月12日・19日・26日(水) 
  • 長野市立南部図書館 2F 和室
  • 参加無料
  • 小さな子ども向けの、絵本の読みがたり、紙芝居、手遊びなど。
  • 11:00〜11:30
  • 長野市立南部図書館
  • 026-292-0143

イベントトップへ戻る