掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

街角アート展

写真は以前の展示の様子

長野市を中心に活躍する市民作家から公募した彫刻・工芸作品を、長野駅のコンコースに展示する。それぞれの個性が反映された作品を、肩肘はらずに楽しめるアート展。長野の街のにぎわいにもつながりそう。

山岸恵子展「佇む人ーあの日の情景」

「あーでもない こーでもない」山岸恵子(画像提供:信州新町美術館)

長野市在住の山岸恵子は、日常の一コマをモチーフに、自身の心象を融合させた作風が特徴の油彩画家。特に人物風景にこだわり、時空を超えて幻想と具象が交差する独自の空間表現を探求してきた。国展受賞作はじめ約40点を展示し、その全貌に迫る。
  • 8月8日(土)〜10月11日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休) ※「ミュゼ蔵」は休館
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料 9/21(月・祝)・9/22(火・祝)無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

テレビ信州開局40周年記念事業 みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ ― 線の魔術

アルフォンス・ミュシャ≪モナコ・モンテカルロ≫〈部分〉
1897年カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

アール・ヌーヴォーを代表するチェコ出身の芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939年)。 繊細で華やかな植物模様や女性像は、没後80年を経た今なお、世界中の人々を魅了し続けている。 ポスターなどのグラフィック作品に加え、幼少期の作品、自身の蔵書や工芸品、祖国への想いを込めた作品などを通して、ミュシャの原点と作品の魅力に迫る。
  • 〜11月29日(日)9:00〜17:00(入場は16:30まで) 月曜休(11/2・11/23は開館)
  • 松本市美術館(松本市中央4-2-22)
  • 一般 1500円 大学・高校生1000円 ぺアチケット2800円(ぺアチケットはセブンチケット、ローソンチケットのみでの販売) 中学生以下無料
  • 685-282
  • 33577
  • 松本市美術館
  • 0263-39-7400
  • http://www.tsb.jp/mucha2020/

北野美術館名品展2020「錦秋と月と夕暮れと 日本の伝統色でみる絵画」

紅葉や月夜、夕暮れなど美しい色彩の日本画作品を中心に、洋画、彫刻、季節感のある工芸品などを展観。また、日本画の作品中の色と色味が近いと思われる色名を表示し、色彩を意識しながら鑑賞できる趣向も。作品とともに、日本伝統の美しい色名も楽しみたい。
■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を。詳細は公式HPを確認 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 9月4日(金)〜11月29日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休館
  • 北野美術館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【当面、入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • http://kitano-museum.or.jp

信州新町化石博物館 「貝の世界」

(画像提供:信州新町化石博物館)

世界各地から採集された、色・かたち様々な貝殻と、貝の化石を展示。8月1日(土)・2日(日)・6日(木)・7日(金)には「化石のマグネットをつくろう」化石の模型に色をぬって、アンモナイトなどの形をしたマグネットを作る。材料費200円。(1)10:30 (2)13:30 (3)14:30※各回2組まで(先着順・整理券配布)。
  • 7月18日(土)〜10月18日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券) 土曜は小中学生無料 9/21(月・祝)・9/22(火・祝)無料
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

信州新町化石博物館 「貝の世界」

(画像提供:信州新町化石博物館)

世界各地から採集された、色・かたち様々な貝殻と、貝の化石を展示。9月19日(土)13:30より「化石消しゴムを作ろう」レプリカの型を使ってアンモナイト等の形をした消しゴムを作る。材料費300円。定員10名(先着順・開催3日前までに、事前申込み)。
  • 〜10月18日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券) 土曜は小中学生無料 9/21(月・祝)・9/22(火・祝)無料
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

真田宝物館特集展示「妖怪大集合 わざわい?こわい?見たい!」

「百鬼夜行絵巻(※一部を抜粋して掲載)」

疫病退散を願い「アマビエ」が話題になるなど、妖怪には恐ろしさから人々を解き放ち、希望を見いだす魅力がある。真田宝物館所蔵の3点の妖怪絵巻を中心に、妖怪が生み出された背景と、かわいらしくもある姿を紹介する。同時開催「真田家の名刀」。
  • 7月1日(水)〜9月28日(月)
    9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料、9/21(月・祝)は無料開放 
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • http://www.sanadahoumotsukan.com/

長野県立歴史館 秋季企画展「稲作とクニの誕生-信州と北部九州-」

中野市柳沢遺跡出土銅鐸(中野市教育委員会蔵 重要文化財)

紀元57年、倭国(日本)は後漢から金印紫綬を賜り、中国を中心とする東アジアの一員に認められた。やがて北部九州に国々が誕生したように、信州にもクニの誕生のプロセスがあった。稲作農業の進展、経済の発達、階級社会の熟成など、考古資料を展示し紹介する。
  • 9月15日(火)〜11月29日(日)9:00〜17:00、
    月曜休(祝日は開館、翌日に振替休、9/23(水)は開館、9/29(火)は休館)
  • 長野県立歴史館(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円、
    企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 長野県立歴史館
  • 026-274-2000
  • https://www.npmh.net/
  • 戸隠森林植物園 自然観察会
  • 9月13日(日)・20日(日)・27日(日)、10月4(日) 10:00〜12:00 雨天中止
  • 集合/八十二森のまなびや前(長野市戸隠森林植物園)
  • 一般500円 小中学生300円
  • 歩きやすい服装・靴で参加、雨具、マスクなどを持参。
  • NPO法人戸隠森林植物園ボランティアの会(10:00〜17:00)
  • 080-5141-9924
  • 信濃グランセローズ vs. 群馬ダイヤモンドペガサス
  • 9月20日(日)・26日(土) 13:00試合開始
  • 中野市営野球場(中野市一本木)
  • 入場 前売券/大人1200円 子ども(小中高校生)300円 未就学児無料 2020シーズンは当日券販売は行わず、前売券販売のみ(来場者の事前登録が必要)
  • 2020年ルートインBCリーグ公式戦。チケット購入など、詳細は公式HPを確認。
  • チケット/信濃毎日新聞社地域スポーツ推進部 TEL026-236-3385、 試合の実施中止に関するガイダンス/ TEL026-234-7830
  • 山岸恵子展「佇む人ーあの日の情景」
  • 8月8日(土)〜10月11日(日)  9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休) 「ミュゼ蔵」は休館
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 日常の一コマをモチーフに、自身の心象を融合させて描く、長野市在住の油彩画家・山岸恵子。国展受賞作はじめ約40点を展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 北野美術館名品展2020「錦秋と月と夕暮れと ー日本の伝統色でみる絵画ー」
  • 9月4日(金)〜11月29日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休館
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【当面、入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 日本画作品を中心に、洋画、彫刻、季節感のある工芸品などを展観。また、日本画の作品中の色と色味が近いと思われる色名を表示、日本伝統の美しい色名も観賞を。 ■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を。詳細は公式HPを確認 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 北野美術館本館
  • 026-282-3450
  •  サボー・シルヴィアの絵画展シリーズ「移りゆく、自然」展 第1幕 花の踊り
  • 9月19日(土)〜9月26日(土) 10:00〜20:00(水曜10:30〜11:30と木曜19:30〜20:30はお祈り会、日曜9:00〜9:30は教会学校、10:25〜11:40は礼拝。金曜10:00〜11:30はコーラス練習)
  • 日本基督教団 長野本郷教会(長野市三輪3-10-11)
  • 入場無料
  • ハンガリー出身のアーティスト「サボー・シルヴィア」の絵画展。9/26は秋元紗智子のミニコンサートあり。「第2幕風を追いかけて」は10/23〜10/29で裁松院(長野市問御所町)、「第3幕 心の色づき」は11/20〜11/26でかんてんぱぱショップぱてぃお大門店2Fにて開催。
  • サボー・シルヴィア
  • 080-9281-7414
  • 信州新町美術館 所蔵作品展「絵画でめぐる麗しき風景展」
  • 〜2021年1月11日(月・祝) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、翌休) 
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 身近な信州から海外まで、さまざまな画家が描いた麗しき風景画約50点を展示。風景画で、心の旅を。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 真田宝物館特集展示「妖怪大集合 わざわい?こわい?見たい!」
  • 〜9月28日(月) 9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料、9/21(月・祝)は無料開放 
  • 疫病退散を願い「アマビエ」が話題になるなど、妖怪には恐ろしさから人々を解き放ち、希望を見いだす魅力がある。真田宝物館所蔵の3点の妖怪絵巻を中心に、妖怪が生み出された背景を紹介する。同時開催「真田家の名刀」。
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • 信州新町化石博物館 「貝の世界」
  • 7月18日(土)〜10月18日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券)
  • 世界各地から採集された、色・かたち様々な貝殻と、貝の化石を展示。
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • 長野県立歴史館 秋季企画展「稲作とクニの誕生-信州と北部九州-」
  • 〜11月29日(日) 9:00〜17:00、月曜休(祝日は開館、翌日に振替休)
  • 長野県立歴史館(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円、 企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 信州におけるクニの誕生のプロセス、稲作農業の進展、経済の発達、階級社会の熟成などを、考古資料を展示し紹介する。
  • 長野県立歴史館
  • 026-274-2000

イベントトップへ戻る