掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

ランチタイム・ピアノ・コンサート 

梨本卓幹/8月21日(金)・神林杏子/9月11日(金)

長野ゆかりのピアニストが月替りで登場、芸術館メインホールが誇る響きで、スタインウェイのピアノの音楽を楽しめる、贅沢な時間。8月21日(金)は梨本卓幹、9月11日(金)は神林杏子が出演。入場無料、未就学児も入場可能、親子室あり。
  • 梨本卓幹/8月21日(金)・神林杏子/9月11日(金)各日とも11:30開場 12:15開演
  • 長野市芸術館メインホール
  • 入場無料、出入り自由
  • 長野市芸術館
  • 026-219-3100(9時〜19時、火曜休)
  • https://www.nagano-arts.or.jp/

生誕135年記念 川端龍子展

《龍巻》1933年 大田区立龍子記念館

横山大観・川合玉堂とともに近代日本画の3巨匠の1人に数えられる川端龍子(1885〜1966)。大胆で豪放な表現で、超大型作品を次々と発表するなど、戦前・戦後の画壇をけん引した。スケールも発想も生き様も、すべてが規格外! 50年以上にわたる龍子の画業全体を回顧する。
  • 7月23日(木・祝)〜9月22日(火・祝) ※会期中、一部展示替えあり
    9:30〜17:30(最終入館30分前)
    月曜休(8/10・9/21は開館、8/11振休)
  • 水野美術館
  • 当日券/一般1300円 中高生700円 小学生400円、
    前売券/1100円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://www.mizuno-museum.jp/

山岸恵子展「佇む人ーあの日の情景」

「あーでもない こーでもない」山岸恵子(画像提供:信州新町美術館)

長野市在住の山岸恵子は、日常の一コマをモチーフに、自身の心象を融合させた作風が特徴の油彩画家。特に人物風景にこだわり、時空を超えて幻想と具象が交差する独自の空間表現を探求してきた。国展受賞作はじめ約40点を展示し、その全貌に迫る。
  • 8月8日(土)〜10月11日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休) ※「ミュゼ蔵」は休館
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料 9/21(月・祝)・9/22(火・祝)無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

三百年の伝統美 江戸手描き友禅「寺澤森秋の世界」

「波光」寺澤森秋(東京都経済推進協会賞 受賞作品)

江戸手描き友禅の技法を現代に伝える模様絵師・寺澤森秋氏による、友禅の振袖や作品を展示。下絵、友禅、地染と全工程を自身の手で行う、その製作工程も紹介。展示の一部を替え、8月は「水と波」がテーマの展示コーナーが登場している。
  • 〜9月7日(月)平日11:00〜15:30、土・日曜・祝日10:00〜16:00 (入館は閉館30分前まで)※感染予防のため短縮営業、火曜休(祝日の場合は開館)
  • 田中本家博物館(須坂市穀町)
  • 入館料/大人1000円 中高生350円 小学生250円
  • 田中本家博物館
  • 026-248-8008
  • http://www.tanakahonke.org/

信州新町化石博物館 「貝の世界」

(画像提供:信州新町化石博物館)

世界各地から採集された、色・かたち様々な貝殻と、貝の化石を展示。8月1日(土)・2日(日)・6日(木)・7日(金)には「化石のマグネットをつくろう」化石の模型に色をぬって、アンモナイトなどの形をしたマグネットを作る。材料費200円。(1)10:30 (2)13:30 (3)14:30※各回2組まで(先着順・整理券配布)。
  • 7月18日(土)〜10月18日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券) 土曜は小中学生無料 9/21(月・祝)・9/22(火・祝)無料
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

信州新町化石博物館 「貝の世界」

(画像提供:信州新町化石博物館)

世界各地から採集された、色・かたち様々な貝殻と、貝の化石を展示。9月19日(土)13:30より「化石消しゴムを作ろう」レプリカの型を使ってアンモナイト等の形をした消しゴムを作る。材料費300円。定員10名(先着順・開催3日前までに、事前申込み)。
  • 〜10月18日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券) 土曜は小中学生無料 9/21(月・祝)・9/22(火・祝)無料
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

真田宝物館特集展示「妖怪大集合 わざわい?こわい?見たい!」

「百鬼夜行絵巻(※一部を抜粋して掲載)」

疫病退散を願い「アマビエ」が話題になるなど、妖怪には恐ろしさから人々を解き放ち、希望を見いだす魅力がある。真田宝物館所蔵の3点の妖怪絵巻を中心に、妖怪が生み出された背景と、かわいらしくもある姿を紹介する。同時開催「真田家の名刀」。
  • 7月1日(水)〜9月28日(月)
    9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料、9/21(月・祝)は無料開放 
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • http://www.sanadahoumotsukan.com/

長野市立博物館 
「サムライの威容(いよう)2  上杉家に伝来の宝物を中心に」

黒漆塗本小札色々威童具足(佐久市教育委員会蔵)

好評だった昨年に続き、川中島の戦いの主人公のひとり・上杉謙信に焦点をあて、上杉家ゆかりの名宝などで川中島の戦いを復元。佐藤コレクション(佐久市所蔵)を中心に、北信濃を支配していた大名の甲冑なども展示する。
  • 7月18日(土)〜8月30日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで)月曜休
  • 長野市立博物館
  • 入館料 一般300円 高校生150円 小中学生100円 毎週土曜は小中学生無料
  • 長野市立博物館
  • 026-284-9011
  • https://www.city.nagano.nagano.jp/museum/
  • 戸隠森林植物園 自然観察会
  • 8月13日(木)〜16日(日)、23日(日)・30日(日)、9月6日(日) 10:00〜12:00 雨天中止
  • 集合/八十二森のまなびや前(長野市戸隠森林植物園)
  • 一般500円 小中学生300円
  • 歩きやすい服装・靴、雨具など持参。アサギマダラ、ミヤマカラスアゲハなどを観察する。
  • NPO法人戸隠森林植物園ボランティアの会(10:00〜17:00)
  • 080-5141-9924
  • 信濃グランセローズ vs. 福島レッドホープス
  • 8月27日(木)・28日(金) 両日18:00試合開始
  • 長野県営野球場(長野運動公園内)
  • 入場 前売券/大人1200円 子ども(小中高校生)300円 未就学児無料 2020シーズンは当日券販売は行わず、前売券販売のみ(来場者の事前登録が必要)
  • 2020年ルートインBCリーグ公式戦。チケット購入など、詳細は公式HPを確認。
  • チケット/信濃毎日新聞社地域スポーツ推進部 TEL026-236-3385、 試合の実施中止に関するガイダンス/ TEL026-234-7830
  • 三百年の伝統美 江戸手描き友禅「寺澤森秋の世界」
  • 〜9月7日(月)  10:00〜15:00(入館14:30まで)感染予防のため短縮営業、火曜休(祝日の場合は開館)
  • 田中本家博物館(須坂市穀町)
  • 入館料/大人1000円 中高生350円 小学生250円
  • 寺澤森秋氏による江戸手描き友禅の振袖や作品、その製作工程を紹介。好評につき、会期を延長。7月は「竹林」、8月は「水と波」とテーマを変えた展示コーナーも。
  • 田中本家博物館
  • 026-248-8008
  • 北野美術館 名品展「自然のかたちー水と風とー」
  • 〜 8月30日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休館(8/10開館、8/11振休)
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 水や風、目に見えぬ空気感などを、画家がどのように捉え、表現し描いたかに着目。例えば、菱田春草・横山大観・柴田是真、それぞれ異なる雨の表現を見比べよう。同館の人気作品、上村松園「風」も展示。
  • 北野美術館本館
  • 026-282-3450
  • 生誕135年記念 川端龍子展
  • 〜9月22日(火・祝) 会期中、一部展示替えあり 9:30〜17:30(最終入館30分前) 月曜休(8/10・9/21は開館、8/11振休)
  • 水野美術館
  • 当日券/一般1300円 中高生700円 小学生400円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 横山大観・川合玉堂とともに近代日本画の3巨匠の1人に数えられる川端龍子(1885〜1966)。スケールも発想も生き様も、すべてが規格外! 50年以上にわたる龍子の画業全体を回顧する。
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • 東山魁夷館コレクション展
  • 第2期/〜7月28日 (火)、第3期/7月30日(木)〜9月22日(火) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休
  • 東山魁夷館(長野市箱清水)
  • 大人500円 大学生300円 高校生以下無料
  • 第2期では、≪灕江暮色≫や≪桂林月夜≫、≪黄山雨過≫など、大作「唐招提寺御影堂障壁画」の準備作や関連作品を展示。第3期は《草青む》《夕静寂》ほかを展示予定。
  • 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • 東山魁夷館コレクション展
  • 第3期/〜9月22日(火・祝) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休
  • 東山魁夷館(長野市箱清水)
  • 大人500円 大学生300円 高校生以下無料
  • 連作「白い馬の見える風景」から本制作《草青む》をはじめ、12点の習作を展観。また、飯山市の希望湖を描いた《静映》、北アルプスの安房峠や奥穂高を取材した《山霊》、《夕静寂》など、信州の風景を象徴的に、精神性高く描いた作品を中心に紹介する。
  • 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • 信州書道秀作展
  • 8月6日(木)〜9月3日(日)  9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、翌休) 
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 長野県内在住の現代書道作家77名の作品を展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 山岸恵子展「佇む人ーあの日の情景」
  • 8月8日(土)〜10月11日(日)  9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休) 「ミュゼ蔵」は休館
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 日常の一コマをモチーフに、自身の心象を融合させて描く、長野市在住の油彩画家・山岸恵子。国展受賞作はじめ約40点を展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 真田宝物館特集展示「妖怪大集合 わざわい?こわい?見たい!」
  • 〜9月28日(月) 9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料、9/21(月・祝)は無料開放 
  • 疫病退散を願い「アマビエ」が話題になるなど、妖怪には恐ろしさから人々を解き放ち、希望を見いだす魅力がある。真田宝物館所蔵の3点の妖怪絵巻を中心に、妖怪が生み出された背景を紹介する。同時開催「真田家の名刀」。
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • 長野市立博物館  「サムライの威容(いよう)2  上杉家に伝来の宝物を中心に」
  • 〜8月30日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで)月曜休
  • 長野市立博物館
  • 入館料 一般300円 高校生150円 小中学生100円 毎週土曜は小中学生無料
  • 上杉謙信に焦点をあて、上杉家ゆかりの名宝などで川中島の戦いを復元。佐藤コレクション(佐久市所蔵)を中心に、北信濃を支配していた大名の甲冑なども展示する。
  • 長野市立博物館
  • 026-284-9011
  • 戸隠地質化石博物館 「骨の動物園」
  • 〜8月30日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで)月曜休
  • 戸隠地質化石博物館(長野市戸隠栃原)
  • 入館料/一般200円・高校生100円 小中学生50円
  • 同館収蔵の骨格標本の多くはボランティアと作成した、戸隠周辺にすむ哺乳類や、動物園で飼育されていた貴重な脊椎動物たちの標本だ。脊椎動物の進化や特徴、自作だからこそ気づいた標本の秘密を紹介。
  • 戸隠地質化石博物館
  • 026-252-2228
  • 信州新町化石博物館 「貝の世界」
  • 7月18日(土)〜10月18日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券)
  • 世界各地から採集された、色・かたち様々な貝殻と、貝の化石を展示。
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500

イベントトップへ戻る