掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

長野えびす講 例大祭

えびすの神に参拝し、その年の感謝と、商売繁盛や家運隆昌を願う、西宮神社の例大祭。期間中毎日、「松本源之助社中奉納江戸里神楽」が奉納される。11月19日(木)の宵えびすでは、だるまや縁起物の露店が並び、にぎわう。マスク着用、他者との距離を保つなど、感染予防対策に協力を。
  • 宵えびす11月19日(木)・本えびす例大祭20日(金)松本源之助社中奉納江戸里神楽は18日(水)〜20日(金)の11:30・15:00 ※縁起物露店は19日(木)お昼前後より20日(金)夕方まで予定
  • 西宮神社(長野市岩石町)
  • 西宮神社
  • 026-235-6633
  • http://www.nagano-ebisu.jp/

茶臼山動物園「動物園で年賀状記念撮影」

2021年の干支“丑”にちなみ、キリン舎(キリンはウシ目)に特設コーナーを設置!
干支の顔出し看板やキリンをバックに撮影できる。カメラ等は各自で持参を。 
また、11月13日(金)から、有料入園者(大人料金)に4000枚限定で「動物園オリジナルカレンダー」プレゼント!
  • 11月13日(金)〜12月6日(日) 10:00〜16:00 ※天候や動物の体調により中止の場合あり
  • 茶臼山動物園(長野市篠ノ井有旅)
  • 入園料 一般600円 小中学生100円
  • 茶臼山動物園
  • 026-293-5167
  • http://www.chausuyama.com/

テレビ信州開局40周年記念事業 みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ ― 線の魔術

アルフォンス・ミュシャ≪モナコ・モンテカルロ≫〈部分〉
1897年カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

アール・ヌーヴォーを代表するチェコ出身の芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939年)。 繊細で華やかな植物模様や女性像は、没後80年を経た今なお、世界中の人々を魅了し続けている。 ポスターなどのグラフィック作品に加え、幼少期の作品、自身の蔵書や工芸品、祖国への想いを込めた作品などを通して、ミュシャの原点と作品の魅力に迫る。
  • 〜11月29日(日)9:00〜17:00(入場は16:30まで) 月曜休(11/2・11/23は開館)
  • 松本市美術館(松本市中央4-2-22)
  • 一般 1500円 大学・高校生1000円 ぺアチケット2800円(ぺアチケットはセブンチケット、ローソンチケットのみでの販売) 中学生以下無料
  • 685-282
  • 33577
  • 松本市美術館
  • 0263-39-7400
  • http://www.tsb.jp/mucha2020/

東山魁夷館開館30周年記念特別展「東山魁夷 日本画への出発」

≪山谿秋色≫1932年

東山魁夷が画家として活動を始めた若い頃に焦点をあて、東山“新吉”が、いかにして現代を代表する日本画家・東山“魁夷”になっていったのかを探る。東京美術学校在学中に帝展に初出品、初入選した≪山国の秋≫の試作(兵庫県立美術館)[前期展示]などを展示。
  • 9月25日 (金) 〜11月23日 (月・祝)9:00〜17:00(入場は16:30まで) 
    水曜休  ※9/24(木)・11/24(火)は展示替えのため休館
  • 長野県信濃美術館 東山魁夷館(善光寺東隣)
  • 大人500円 大学生300円 高校生以下無料
  • 長野県信濃美術館 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • http://www.npsam.com/

第30回記念 小林陶春一門展

長野陶芸教室会員と講師の中から37名が出品。それぞれの個性あふれる陶磁器作品を展示・販売する。さらに今年は30回目の記念展として「私のイッピン」特別コーナーを設け、公募展の入選作品や出品作など、これまでの力作を紹介。こちらにも注目を。
  • 11月19日(木)〜22日(日)10:00〜19:00(初日19日(木)は13:00から、最終日22日(日)は16:00まで)
  • 長野市芸術館 展示サロン(長野市役所第一庁舎1F)
  • 長野陶芸教室
  • 026-228-6655
  • http://nagano-tougei.com/kitashinano/

北野美術館名品展2020「錦秋と月と夕暮れと 日本の伝統色でみる絵画」

紅葉や月夜、夕暮れなど美しい色彩の日本画作品を中心に、洋画、彫刻、季節感のある工芸品などを展観。また、日本画の作品中の色と色味が近いと思われる色名を表示し、色彩を意識しながら鑑賞できる趣向も。作品とともに、日本伝統の美しい色名も楽しみたい。
■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を。詳細は公式HPを確認 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 9月4日(金)〜11月29日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休館
  • 北野美術館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【当面、入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • http://kitano-museum.or.jp

魲 万里絵(すずき まりえ)展 「わたし」たらしめる、わたしの色。

魲万里絵≪口先軽やかな盗人≫2016年
紙・水性ペン 460 x 534 個人蔵

ボーダレスなアートシーンで世界的に活躍するアーティスト・魲 万里絵(すずきまりえ)による、ふるさと長野市での初個展。眼、口、豊満な肉体や、開閉するハサミ、色鮮やかに輝く点描の色彩と繊細な文様…。強烈な印象を与える作品、74 点を展示。
  • 〜2021年1月31日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで) ※最終日は15:00まで、
    月曜休(祝日は開館、翌休) 、12/28 〜1/4休
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券) 
    土曜は小中学生無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

長野県立歴史館 秋季企画展「稲作とクニの誕生-信州と北部九州-」

中野市柳沢遺跡出土銅鐸(中野市教育委員会蔵 重要文化財)

紀元57年、倭国(日本)は後漢から金印紫綬を賜り、中国を中心とする東アジアの一員に認められた。やがて北部九州に国々が誕生したように、信州にもクニの誕生のプロセスがあった。稲作農業の進展、経済の発達、階級社会の熟成など、考古資料を展示し紹介する。
  • 9月15日(火)〜11月29日(日)9:00〜17:00、
    月曜休(祝日は開館、翌日に振替休、9/23(水)は開館、9/29(火)は休館)
  • 長野県立歴史館(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円、
    企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 長野県立歴史館
  • 026-274-2000
  • https://www.npmh.net/

真田宝物館 特別展「松代藩 文武学校」

文武学校 文学所と桜

藩士師弟の学問所として安政2年(1855)に開校した松代藩の藩校・文武学校。江戸時代には全国で約250あった藩校のうち、敷地を含めた当時の建物がほぼ現存する唯一の藩校だ。大規模修理工事が終了、文武学校リニューアルオープン記念の特別展。
  • 前期10月1日(土)〜11月9日(月) 後期11月11日(水)〜12月21日(月)※展示替えあり
    9:00〜17:00 ※11月以降16:30まで(入館は閉館30前まで) 火曜休(11/3は開館、9/30は休館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料、11/3(火・祝)は無料開放 
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • http://www.sanadahoumotsukan.com/
  • 善光寺表参道イルミネーション まちなかの装飾
  • 〜3月13日(土) 17:00〜22:00
  • 善光寺表参道(中央通り)
  • 長野駅〜善光寺の約1.8kmの善光寺表参道を、昨年よりスケールアップした約41万球のLED電球で装飾。冬の長野の街があたたかい光で彩られる。
  • 善光寺表参道イルミネーション実行委員会事務局(長野市観光振興課インバウンド・国際室)
  • 026-224-8316
  • エムウェーブスケートリンク 無料開放日
  • 11月15日(日)・12月6日(日) 10:00〜18:00
  • エムウェーブ
  • 滑走料無料 貸靴代620円は別途必要
    通常滑走料…土日祝日一般1560円(中学生以下830円)、平日一般 830円(中学生以下410円)
  • 新型コロナ感染防止対策を行って営業中。入場数制限等を行う場合あり。
  • エムウェーブ内 長野スケートセンター
  • 026-221-6100
  • AC長野パルセイロ 11月・12月のホームゲーム
  • vs. ガイナーレ鳥取/11月18日(水)19:00キックオフ、vs. FC今治/11月29日(日)14:00キックオフ、vs.FC岐阜/12月13日(日)14:00キックオフ、vs.いわてグルージャ盛岡/12月20日(日)13:00キックオフ
  • 長野Uスタジアム(南長野運動公園)
  • メインスタンド自由席/一般前売2600円(当日3100円)  小中学生前売1100円(当日1600円)、 ホーム自由席/一般前売2100円(当日2600円)  小中学生前売600円(当日1100円)詳細は公式HP参照
  • 新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに則って運営される。事前に公式HPでの試合情報を確認して来場を。
  • AC長野パルセイロ事務局(月・日曜、祝日休)
  • 026-244-7780
  • 水上民平展 蝶と花の心響
  • 〜5月16日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館)、祝日の翌日休
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 長野市出身の画家・水上民平の油彩画約30点を展示。花や蝶をモチーフに、深い精神性が刻まれた心象風景の数々…。併せて、長野市ゆかりの画家・河野通勢の作品や、交流のあった横井弘三の作品も展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 北野美術館名品展2020「錦秋と月と夕暮れと ー日本の伝統色でみる絵画ー」
  • 9月4日(金)〜11月29日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休館
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【当面、入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 日本画作品を中心に、洋画、彫刻、季節感のある工芸品などを展観。また、日本画の作品中の色と色味が近いと思われる色名を表示、日本伝統の美しい色名も観賞を。 ■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を。詳細は公式HPを確認 http://kitano-museum.or.jp/2020/08/12/1199/
  • 北野美術館本館
  • 026-282-3450
  • 信州新町美術館 所蔵作品展「絵画でめぐる麗しき風景展」
  • 〜1月11日(月・祝) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、翌休) 
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 身近な信州から海外まで、さまざまな画家が描いた麗しき風景画約50点を展示。風景画で、心の旅を。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 東山魁夷館開館30周年記念特別展「東山魁夷 日本画への出発」
  • 〜11月23日 (月・祝) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休  11/24(火)は展示替えのため休館
  • 長野県信濃美術館 東山魁夷館(善光寺東隣)
  • 大人500円 大学生300円 高校生以下無料
  • 東山魁夷が画家として活動を始めた若い頃に焦点をあて、東山“新吉”が、いかにして現代を代表する日本画家・東山“魁夷”になっていったのかを探る。
  • 長野県信濃美術館 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • 巨匠のワザ、ここにあり―雅邦、観山、松園、清方―
  • 〜12月6日(日)  9:30〜17:00(最終入館30分前) 月曜休(11/23は開館、11/24振休)
  • 水野美術館
  • 一般1000円 中高生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野コレクションの選りすぐり、60余点を展示。作品それぞれに込められた画家の“技”から、彼らが巨匠とされる理由を探る。
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • 魲 万里絵(すずき まりえ)展 「わたし」たらしめる、わたしの色。」
  • 〜1月31日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • ボーダーレスなアートシーンで世界的に活躍する作家・魲万里絵(すずきまりえ)による、長野市で初となる個展。水性マーカーなどで丹念に描かれた作品計74点を展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 第30回記念 小林陶春一門展
  • 11月19日(木)〜22日(日) 10:00〜19:00(初日19日(木)は13:00から、最終日22日(日)は16:00まで)
  • 長野市芸術館 展示サロン(長野市役所第一庁舎1F)
  • 長野陶芸教室会員と講師の中から37名が出品。それぞれの個性あふれる陶磁器作品を展示・販売するとともに、今年は30回目の記念展として「私のイッピン」も展示。
  • 長野陶芸教室
  • 026-228-6655
  • 長野県立歴史館 秋季企画展「稲作とクニの誕生-信州と北部九州-」
  • 〜11月29日(日) 9:00〜17:00、月曜休(祝日は開館、翌日に振替休)
  • 長野県立歴史館(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円、 企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 信州におけるクニの誕生のプロセス、稲作農業の進展、経済の発達、階級社会の熟成などを、考古資料を展示し紹介する。
  • 長野県立歴史館
  • 026-274-2000
  • ながの市まち歩きデジタルスタンプラリー
  • 〜2021年3月13日(土)
  • スタンプ設置観光施設…長野駅(長野市観光情報センター)、善光寺大勧進、善光寺大本願、城山動物園、真田宝物館、信州新町美術館、鬼無里ふるさと資料館、長野市立博物館、飯綱高原観光案内所、戸隠観光情報センター
  • スマートフォンを使用したデジタルモバイルスタンプラリー。長野市内の観光施設・飲食店・土産店・イベント会場などに設置されている電子スタンプをゲットし、ポイントを貯めよう。ポイント数に応じて、参加店舗にて使用できる電子クーポン券(1000円分、3000円分)や、ノベルティに交換できる。ノベルティ、電子クーポン券は設定数に達し次第終了。
  • 「ながの市まち歩きデジタルスタンプラリー」事務局(9:00〜17:00、土日祝除く)
  • 026-223-6050
  • 信州新町化石博物館 「植物の化石」
  • 〜4月4日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券)
  • 長野県内で発掘された植物化石や、国内外の恐竜時代の化石ほかを紹介。
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • 真田宝物館 特別展「松代藩 文武学校」
  • 後期展示 〜12月21日(月)
    展示替えあり 9:00〜16:30(入館は閉館30前まで)
    火曜休
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料
  • 大規模修理工事が終了、文武学校リニューアルオープン記念の特別展。改修工事で新たに発見されたことや資料調査の過程でわかったことなども紹介。
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801

イベントトップへ戻る