掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

【中止】 地附山 カブトムシイベント

※7月3日(金)追記
カブトムシの孵化が進まないため、カブトムシを森に放つイベントは中止。

(下記の内容は中止)
参加対象は幼児〜小学生程度の子どもと保護者(先着50組程度)。ボランティアが地附山で幼虫から育てたカブトムシを、子ども達が地附山へと放ち、カブトムシのいる森の復活の手助けをする。
  • 【中止】 7月4日(土)受付9:00〜11:00
  • 地附山公園(長野市上松) ※受付は公園管理棟横
  • 参加無料
  • ※カブトムシ放虫のイベントは、カブトムシ生育上の都合で中止
  • 地附山トレッキングコース愛護会(小林)
  • 090-8326-5629
  • http://mami.naganoblog.jp/

【公演延期】千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル in 軽井沢 

© Kiyotaka Saito (SCOPE)

※7月4日(土)軽井沢大賀ホール公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2021年 7月 11日(日)に延期。振替公演は同会場のチケットで入場可。

デビュー45周年を迎える千住真理子が「ようこそ日本へ! Welcome concert」をテーマにおくる。プログラムは「ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』へ長調 作品24(ベートーヴェン)」「ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)」ほかを予定。ピアノは山洞 智。
  • 7月4日(土)14:00開演
  • 軽井沢大賀ホール
  • 全席指定 SS席5500円 S席5000円 A席(立見席)2500円(当日各席500円増) 未就学児入場不可
  • 発売中
  • オフィス・マユ(平日9:30〜18:00)
  • 026-226-1001
  • https://office-mayu.com/

合併10周年記念 「信州新町の横井さん展」

横井弘三「河畔にて」(油彩)

飯田市生まれの画家・横井弘三は、昭和5年に日本アンデパンダン展を創始し、個性あふれる独自の画風で知られる。昭和27年には信州新町に逗留、信州新町の山河や生活をモチーフに、30点の傑作を描いた。今回は同館の所蔵作品を展示する。
  • 〜 7月19日(日) ※会期延長
    9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休) ※「ミュゼ蔵」は休館
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券) 
    土曜は小中学生無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • http://www.ngn.janis.or.jp/~shinmachi-museum/

特別企画展「吉村芳生 超絶技巧を超えて」

《無数の輝く生命に捧ぐ》(部分)2011-13、 色鉛筆/紙

超絶リアルな鉛筆画で知られる画家・吉村芳生(1950〜2013年)。本展では初期の版画やドローイング、後期の色鮮やかな花の作品、生涯描き続けた自画像などを紹介する。描くこと、生きることの意味を問いただす、真摯な作品に圧倒される回顧展。
  • 〜7月12日(日)
    9:30〜17:30(最終入館30分前)
    月曜休
  • 水野美術館
  • 当日券/一般1000円 中高生700円 小学生400円
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://www.mizuno-museum.jp/

信州新町周辺のクジラ化石

シンシュウセミクジラ化石(上顎・実物)」 画像提供:信州新町化石博物館

博物館のある信州新町の周辺から見つかった「シンシュウセミクジラ」などおクジラの化石を中心に、クジラの祖先やクジラの生活について紹介。体験型イベントなど詳細は公式HPにて確認を。

真田宝物館特集展示「妖怪大集合 わざわい?こわい?見たい!」

「百鬼夜行絵巻(※一部を抜粋して掲載)」

疫病退散を願い「アマビエ」が話題になるなど、妖怪には恐ろしさから人々を解き放ち、希望を見いだす魅力がある。真田宝物館所蔵の3点の妖怪絵巻を中心に、妖怪が生み出された背景と、かわいらしくもある姿を紹介する。同時開催「真田家の名刀」。
  • 7月1日(水)〜9月28日(月)
    9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料、9/21(月・祝)は無料開放 
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • http://www.sanadahoumotsukan.com/
  • 【中止】善光寺びんずる市
  • 【中止】5月〜8月まで開催中止
  • 善光寺境内 東公園・六地蔵広場
  • 善光寺びんずる市事務局(土日祝除く10:00〜17:00)
  • 026-219-2401
  • 【公演延期】春風亭小朝独演会
  • 7月4日(土) 13:15開場 14:00開演
  • 北野文芸座
  • 全席指定 S席 5000円
  • 新型コロナウイルス感染予防対策により2021年7月3日(土)に公演延期。振替公演・チケット払い戻し等の詳細は公式HPにて確認を。
  • 発売中
  • 北野文芸座
  • 026-233-3111
  • BAROQUE
    TOUR SAINTS OR SINNERS
  • 7月4日(土) 16:30開場 17:00開演
  • 長野ライブハウスJ
  • スタンディング5400円 ドリンク代別。未就学児入場不可、小学生は保護者同伴・有料
  • 発売中
  • 176-616
  • 71715
  • FOB新潟(平日11:00〜16:00)
  • 025-229-5000
  • 合併10周年記念 「信州新町の横井さん展」
  • 〜 7月19日(日) 会期延長 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休) 「ミュゼ蔵」は休館
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 飯田市生まれの画家・横井弘三は、昭和5年に日本アンデパンダン展を創始し、個性あふれる独自の画風で知られる。昭和27年には信州新町に逗留、信州新町の山河や生活をモチーフに、30点の傑作を描いた。今回は同館の所蔵作品を展示する。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 前田ガラス店
  • 7月1日(水)〜7月7日(火) 13:00〜19:00
  • ナノグラフィカ(長野市西之門町930-1)
  • ガラス作家・前田一郎さんがつくる、異なる表情がみずみずしいガラスたち。毎年恒例の展示販売会で、会期中は毎日、前田さんが在廊。
  • ナノグラフィカ
  • 026-232-1532
  • 北野美術館 名品展「自然のかたちー水と風とー」
  • 7月2日(木)〜 8月30日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休館(8/10開館、8/11振休)
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 水や風、目に見えぬ空気感などを、画家がどのように捉え、表現し描いたかに着目。例えば、菱田春草・横山大観・柴田是真、それぞれ異なる雨の表現を見比べよう。同館の人気作品、上村松園「風」も展示。
  • 北野美術館本館
  • 026-282-3450
  • 東山魁夷館コレクション展
  • 第2期/〜7月28日 (火)、第3期/7月30日(木)〜9月22日(火) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休
  • 東山魁夷館(長野市箱清水)
  • 大人500円 大学生300円 高校生以下無料
  • 第2期では、≪灕江暮色≫や≪桂林月夜≫、≪黄山雨過≫など、大作「唐招提寺御影堂障壁画」の準備作や関連作品を展示。第3期は《草青む》《夕静寂》ほかを展示予定。
  • 東山魁夷館
  • 灕江暮色≫や
  • 026-232-0052

イベントトップへ戻る