善光寺界隈・横沢町にある「溝口餅店」の「コーヒーすあま」が珍しく、
忘れた頃についつい何度も食べてしまう美味しさです。(ペンネーム/みつほ)

通年販売の「すあま」は、白・赤・コーヒーの3種類で各115円

大福、団子、季節の品など、全て安曇野産の餅米・うるち米を使用し、熟練の技で食感を見極める毎朝「搗きたて」の餅菓子。歯ごたえ良く歯切れ良く、米の旨みが伝わる。「すあま」は、毎日使う分だけ店内の石臼で挽く「挽きたて」のうるち米の米粉を使って搗く。なめらかで、しっとりもっちりの食感だ。30年ほど前、若い世代向けに作った「コーヒー」が、今では定番の品に。液状のコーヒーを加えて搗き、ほのかな甘みと、コーヒーの風味がクセになる。ほか、きんぴら団子、杏大福なども、この店ならではの品。

善光寺の西、湯福神社近くで創業47年を迎える餅菓子店

  • 溝口餅店
  • 026-232-2086
  • 長野市横沢町695
  • 8:00〜17:00
  • 火曜
  • 1台