掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

おぶせエバーグリーンマーケット2021

90店舗のブース出店を予定、クラフトやハンドメイドのマーケット、フード&カフェ、音楽ライブなどの屋外イベント。感染予防対策を講じて開催予定。長野圏域の感染警報レベルによっては中止の場合あり、開催は9月23日(木・祝)に最終決定。来場前に公式サイトで確認を。

【開催延期】 川中島古戦場デジタルスタンプラリー

(9/1追記)
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、開催を延期。
※延期後の開催状況については、ホームページ等で確認を。

川中島古戦場の謎解きポイントを巡るデジタルスタンプラリー。クイズに正解してポイントをためると、景品がもらえる。

はじめての春風工房inよろづや

「春風工房」は女性2人、春途(はると)・風見トモヒロのユニット。初の作品展を千曲市で開催。レジンアクセサリーなどのほか、布製小物を展示販売。マスクカバー、ポーチなど、オリジナルイラストで彩られた品々は心をくすぐること請け合い。一瞬の出合いは必然。会期中は店内に作者ふたりが常駐。話しやすく、話好きの彼女たちに声をかけてみよう。
  • 9月28日(火)〜10月6日(水)11:00〜16:00
  • 和かふぇ よろづや(千曲市桜堂521-1)
    ※駐車場は屋代駅前ふれあい通り商店街駐車場(1時間/100円)を利用
  • 観覧無料(物品購入、店内の飲食は実費)
  • 春風工房
  • https://www.instagram.com/harukaze_kobo12/

長野県立美術館名品選 第I期

   菱田春草《羅浮仙》1901(明治34)年頃

信州出身の作家や、信州の風景が描かれた作品を中心に形成された長野県立美術館のコレクション。第I期はグランドオープン後最初のコレクション展として、菱田春草《羅浮仙》、池上秀畝《四季花鳥》、草間彌生初期の大作《No. PZ》などが並ぶ。
(※9/1追記) 【臨時休館】9月3日(金)〜12日(日) 長野県コロナウイルス感染拡大防止強化策「命と暮らしを救う集中対策期間」の為
  • 8月28日(土)〜10月26日(火)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休、(※9/1追記) 【臨時休館】9月3日(金)〜12日(日) 長野県コロナウイルス感染拡大防止強化策「命と暮らしを救う集中対策期間」の為
  • 長野県立美術館 コレクション展示室
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(東山魁夷館も観覧可能) 高校生以下又は18歳未満は無料
  • 長野県立美術館(旧 長野県信濃美術館)
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/exhibition/namcollection1

長野県立美術館グランドオープン記念 森と水と生きる

フェルディナント・ホドラー《木を伐る人》1910年、大原美術館蔵

長野県立美術館の新しい収集方針の一つである「自然と人間」をテーマに、ありとあらゆる芸術作品に表現された多面的な自然の姿を展覧する。5つの章で、絵画や写真、インスタレーションなど、様々な方法で表現された近現代美術の名品を紹介。
(※9/1追記) 【臨時休館】9月3日(金)〜12日(日) 長野県コロナウイルス感染拡大防止強化策「命と暮らしを救う集中対策期間」の為
  • 8月28日(土)〜 11月3日(水・祝)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休(11/3は開館・翌日休館)、(※9/1追記) 【臨時休館】9月3日(金)〜12日(日) 長野県コロナウイルス感染拡大防止強化策「命と暮らしを救う集中対策期間」の為
  • 長野県立美術館 展示室1・ 展示室2・ 展示室3
  • 一般1000円 大学生及び 75 歳以上800円 高校生以下又は18歳未満は無料
  • 長野県立美術館(旧 長野県信濃美術館)
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/exhibition/moritomizu

中谷芙二子 Dynamic Earth

中谷芙二子「霧の彫刻 #47610-Dynamic Earth Series I-」Photo Junya Takagi

長野県立美術館の新築オープンにあたり常設された作品「霧の彫刻 #47610-Dynamic Earth Series I-」をはじめ、「霧のアーティスト」であり日本におけるヴィデオ・アートの先駆者として知られる中谷芙二子(1933〜)。これまでに制作された霧作品の記録映像などで、その表現活動を紹介する。
  • 8月27日(金)〜10月3日(日)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休(祝日の場合は翌日休)
  • 長野県立美術館 本館1F オープンギャラリー 
  • 観覧無料
  • 長野県立美術館(旧 長野県信濃美術館)
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/exhibition/opengallerysummer

長野県立歴史館 秋季企画展「全盛期の縄文土器-圧倒する褶曲文-」

褶曲籠目文深鉢【長野県宝】(茅野市棚畑遺跡)
茅野市尖石縄文考古館蔵・写真提供

縄文土器の装飾が複雑化し「全盛期」を迎えた縄文時代中期。地域による特色が生まれた背景を、人びとの交流という視点から読み解く。主な展示品は、火焔型土器【国宝】(十日町市博物館蔵)、褶曲籠目文深鉢【長野県宝】(茅野市尖石縄文考古館蔵) ほか。
  • 9月18日(土)〜11月23日(火・祝)
    9:00〜17:00(入館16:30まで)、月曜休(祝日は開館、翌日は振替休)
  • 長野県立歴史館  企画展示室(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園内)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円 
    企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 長野県立歴史館 総合情報課
  • 026-274-3991
  • https://www.npmh.net/

真田宝物館 特別展「松代焼〜ふるさとに根付くやきもの〜」

北信地域の代表的なやきもの「松代焼」。長野市指定文化財である真田宝物館所蔵のコレクションを一堂に展示、その歴史を紹介する。記念講演会「北信の名陶 松代焼」は8月21日(土)14:00 サンホールマツシロ(長野松代総合病院向かい)にて。聴講無料・前日までに真田宝物館へ電話申込みを。
  • 前期/7月21日(水)〜8月30日(月)、後期/9月1日(水)〜10月11日(月) ※展示資料の入れ替えあり
    9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801
  • http://www.sanadahoumotsukan.com/
  • 戸隠森林植物園 自然観察会
  • 9月19日・26日、10月3日(日) 10:00〜12:00 雨天中止
  • 集合/八十二森のまなびや前(長野市戸隠森林植物園)
  • 一般500円 小中学生300円
  • オオシラヒゲソウ、アケボノソウなど初秋の花々を観察する。歩きやすい服装・靴で参加、雨具、双眼鏡などを持参。必ずマスク着用。
  • NPO法人戸隠森林植物園ボランティアの会(10:00〜17:00)
  • 080-5141-9924
  • AC長野パルセイロ vs. カマタマーレ讃岐
  • 10月3日(日) 15:00キックオフ
  • 長野Uスタジアム(南長野運動公園)
  • メインスタンド自由席/一般前売2600円(当日3100円)  小中学生前売1100円(当日1600円)、 ホーム自由席/一般前売2100円(当日2600円)  小中学生前売600円(当日1100円)詳細は公式HP参照
  • 新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに則って運営される。事前に公式HPでの試合情報を確認して来場を。
  • AC長野パルセイロ事務局(月・日曜、祝日休)
  • 026-244-7780
  • 「現代パステル協会選抜展-パステル画の今いま」
  • 〜2022年1月16日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、祝日の翌日休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 東山魁夷館コレクション展 第3期
  • 〜10月5日(火) 第4期は10月7日(木)〜12月7日(火) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休
  • 東山魁夷館(城山公園内・善光寺東隣)
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(本館コレクション展も観覧可能)
  • 連作「白い馬の見える風景」から《白馬の森》と15点の習作、飯山市の希望湖を描いた《静映》、また、《沼》《沼の静寂》《緑の窓》など夏の風景を描いた作品を紹介。
  • 長野県立美術館 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • 長野県立美術館グランドオープン記念 森と水と生きる
  • 〜11月3日(水・祝) 9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休(11/3は開館・翌日休館)
  • 長野県立美術館 展示室1・ 展示室2・ 展示室3
  • 一般1000円 大学生及び 75 歳以上800円 高校生以下又は18歳未満は無料
  • 長野県立美術館の新しい収集方針の一つである「自然と人間」をテーマに、5つの章で、絵画や写真、インスタレーションなど、様々な方法で表現された近現代美術の名品を紹介。
  • 長野県立美術館(旧 長野県信濃美術館)
  • 026-232-0052
  • 長野県立美術館名品選 第I期
  • 〜10月26日(火) 9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、水曜休
  • 長野県立美術館 コレクション展示室
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(東山魁夷館も観覧可能) 高校生以下又は18歳未満は無料
  • 信州出身の作家や、信州の風景が描かれた作品を中心に形成された長野県立美術館のコレクション。第I期は菱田春草《羅浮仙》、池上秀畝《四季花鳥》、草間彌生初期の大作《No. PZ》などを紹介。
  • 長野県立美術館(旧 長野県信濃美術館)
  • 026-232-0052
  • 須坂ドールフェスタ2
  • 〜10月31日(日) 9:00〜17:00(入館は16:30まで)、水曜休(祝日の場合は開館)
  • 小池千枝コレクション 世界の民俗人形博物館(須坂市野辺 須坂アートパーク内)
  • 入場料300円(高校生以下および18歳未満は無料)
  • さまざまな技法、材料による創作人形の公募作品を展示。
  • 世界の民俗人形博物館
  • 026-245-2340
  • 特別展「市立長野高校 美術部の軌跡 II」
  • 〜2022年1月16日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、祝日の翌日休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 市立長野高校美術部による展覧会。全国高等学校総合文化祭や現代パステル協会展など、活躍の場を全国へ広げた生徒たちの作品を紹介。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 角田範子と仲間たち展 
  • 9月28日(火)〜10月3日(日) 平日9:30〜17:00(土日10:00〜17:00まで)  月曜休
  • ギャラリー82(長野市岡田 八十二銀行本店南)
  • 入場無料
  • 日本画を描き始めて46年、高浪勢以に日本画の基礎と画描としての教養を、前田曎に命や物事の本質に触れ心を磨くことを学んだ角田範子さん(日本美術院特待・長野県日本画会審査員)。仲間と共に開催する今展では合計47点を展示。
  • 公益財団法人 八十二文化財団 ギャラリー82
  • 026-224-0511
  • 阿部和枝 秋冬の服
  • 10月1日 (金) 〜10月5日 (火) 10:30〜16:30(5日の最終日は15:00まで)
  • 門前ギャラリー(かんてんぱぱショップ ぱてぃお大門店 2F)
  • 入場無料
  • 古布と現代布を使った生活着(エプロン・パンツ・ジャケット・コート)ほか、着心地の良い日常着を中心に袋物など小物も展示即売。
  • 阿部和枝
  • 026-241-5099
  • 信州新町化石博物館「化石と鉱物 化石の石ってどんな石?」
  • 〜11月7日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券)
  • 様々な色や材質の化石と、そのもととなっている鉱物について展示する。
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • 真田宝物館 特別展「松代焼〜ふるさとに根付くやきもの〜」
  • 後期/9月1日(水)〜10月11日(月) 前期から展示資料の入れ替えあり
    9:00〜17:00(入館16:30まで) 火曜休(祝日の場合は開館)
  • 真田宝物館(長野市松代町)
  • 一般600円 小中学生100円 土曜は小中学生無料
  • 北信地域の代表的なやきもの「松代焼」。長野市指定文化財である真田宝物館所蔵のコレクションを一堂に展示。
  • 真田宝物館
  • 026-278-2801

イベントトップへ戻る