千曲市 長野銘醸で4/27(土) 「平成最後の! 蔵開放2019」
銘酒の飲み比べや、袋吊り酒の実演販売ほか

江戸時代に建てられた酒蔵(国の登録有形文化財)を今も活用

創業から330年、昔ながらの手造り純米酒を醸し続ける、名酒「姨捨正宗」の蔵元、長野銘醸。その年に一度の蔵開きを、今年は 「平成最後の! 蔵開放2019」と銘打って開催! 
蔵見学ほか、お酒の飲み比べ(参加費500円、おちょこ付)、蔵開き限定酒の販売、袋吊り酒の実演販売(有料)、酒粕詰め放題(有料)など、楽しい企画を多数予定。飲食ブースも並ぶ。おいしい酒に、心地よく酔う休日を。
■日程…4月27日(土) 10:00〜16:00(15:00最終入場)
■会場…長野銘醸(株)構内特設会場(千曲市)
入場無料、当日は屋代駅より無料シャトルバスを運行

甘酒の振る舞い(無料)や、銘酒の試飲(有料)など、酒蔵の味を堪能

  • 長野銘醸 株式会社
  • 026-272-2138
  • 千曲市大字八幡275
  • 駐車場に限りあり。公共交通機関の利用、乗り合いでの来場を
  • http://www.obasute.co.jp/